水道修理に必要な道具

水道の修理に必要な道具はどのようなものがあるのでしょうか。パッキンなどの消耗品は常備しておくことが肝要であり、十分な修理をすることを考えるのであれば、消耗品は原則として純正品を用意しておくようにしましょう。

■水道のパッキンは消耗品

水道の蛇口に使われている黒いゴム製のパッキンはだんだんと劣化をしてしまいます。パッキンの劣化は水道の蛇口からの水漏れの原因になります。パッキンを交換すれば水のトラブルは解消します。量販店などでパッキンは販売されていますので、専用のパッキンを購入しておくことがおすすめです。パッキンが劣化した状態で無理やりに水道を使うと、蛇口を破損してしまい、蛇口 交換の必要性が出てきてしまいます。そのためこまめに交換をすることが大切です。

■水の元栓を閉める道具

水のトラブルが起きてしまった場合、応急処置として水道の元栓を閉めるようにします。そこで元栓を閉めるための道具も購入しておくといいでしょう。元栓を閉めるための道具は汎用性の高いものなので、日曜大工に使うこともできます。常備をしておいても邪魔にはなりません。また、水漏れを暫定的に止めることができる修理テープを購入して、用意しておいてもいいでしょう。


■まとめ
水道修理に必要な道具を自宅に用意しておくと、いざという時に迅速な対応を取ることができるようになります。ほとんどの道具が汎用性のあるものですので、日曜大工などの目的にも使うことができます。非常に便利な道具ですので、使い方についてはしっかりとマスターしておくようにしましょう。正しく使わなければ水道を壊してしまう可能性もあります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ